さもの地球関係学          SAMO's globalogy

多くの人に支えられて、獣医師免許を取得できました。今年の目標は、
 _蛤遒蠅鬟譽戰襯▲奪廚気擦道┿錙屬劼箸衒襪蕕靴鬚箸海箸鶻擇靴燹廚忘椶襦
◆…覯切開オペの主手を勤められるようになる。
 滑舌よくする。
ぁ.瓠璽襪諒嵜早くする。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
毎日氷点下。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

診療車にうっかり積みっぱなしにすると、輸液剤凍ってしまう。

| samogo | おしごと | 18:50 | comments(0) | - |
新しい聴診器買いました。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


大学の時にみんなでまとめて買ったのは2万円の。それが就職してからすぐ壊れました。
チェストピースの膜を支えるゴムが薄いのか、交換してもすぐ切れます。

牛の脇の下に滑り込ませる時に磨耗するんだと思います。


今回買ったのはこれ 



ゴムの部分太くてしっかりしてる。
もう切れる心配はなし 

1500円で言葉を彫ってくれたので、
samo と EBVM(根拠に基づいた獣医療)って入れてもらいました。

このお店を教えてくれた先輩は、友達の結婚祝いに名前入り聴診器贈ったんだって 



| samogo | おしごと | 20:58 | comments(1) | - |
生まれたよ!!
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


昨日、乳房炎で他の牛を診に行ったら、分娩房で子牛が生まれたとこでした。



この後、無事起立しました。
安産は見てて気持ちいい 
| samogo | おしごと | 07:00 | comments(0) | - |
秋晴れが綺麗だよ その2

うちのフィールドでは、若牛が夏季限定で放牧される山があります。

ここで牛が病気になると、山道を越えて往診に行きます。



牧草地の緑と、木の葉の赤が相まって美しい情景です。




帰り道、エゾシカの群れに会いました。




カメラに気づくとすたこら逃げる。

猟銃と同じように感じるかららしいです。

| samogo | おしごと | 10:34 | comments(0) | - |
秋晴れがきれいだよ。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

分娩後起立不能との稟告で往診に行ったら、放牧地で動けなくなってました。

乳熱とふんで、さっそくCal点滴。





トラクターに紐をくくって、点滴剤をぶら下げます。


ホルスタイン仲間はその横で放牧中。




1頭、モデル立ちしてくれる子がいました 




この写真をfacebookに乗せたら、先輩が写真ほしいと連絡くれました 
元写真部としてうれしい限り 
| samogo | おしごと | 20:16 | comments(0) | - |
そうきたか その2
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


他の獣医師のカルテの見て、書き方勉強してたときのこと  


うちの診療所で使ってる電子カルテには「原因」欄があります。

そこ書かないと  コンピュータが受け付けてくれない 


たとえば 


1、「ハッチの仔牛がぐったりしているとの稟告で往診。投足投頭、肺粗励顕著」

原因 →  急激な気温低下、細菌感染、ウイルス感染



2、「乳房炎で食欲不振、体温40.3度、水様性乳汁」

原因 → 大腸菌(初診は疑診)、高温多湿


3、「初産で側頭位、難産介助、ホーリン使用」

原因 → 過大子、母牛産道狭


4、「乳静脈をカラスにつつかれ出血多量、貧血、起立不能」

原因 → 皮膚の掻痒感


などと書きます。


この前、
「放牧中、木と木の間に臀部挟まりぐったりしているところを発見される。伸吟、投頭投足、苦悶、不整脈聴取、ショック状態で点滴する」 

とのカルテの原因欄には  → ひと言「木」ってありました。


たしかに的確だけど、この獣医学的じゃないかんじが・・・ 
| samogo | おしごと | 09:35 | comments(6) | - |
そうきたか その1
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


夜10時とかまで仕事してると、最後の方くたくたになって
書類にうっかりしたこと書いたりします。


今日職場に行ったら、昨日遅くまで残って今日はお休みの先輩から、

「OOさん(農家さん)に、この寄虫薬渡しといてね」

とのメモとアイボメック(駆虫薬)が。



えっ、
寄虫薬 って・・・。


言いたいことはすごく分かります 

| samogo | おしごと | 14:13 | comments(0) | - |
ねこのす
農家さんちで生まれた子猫。


 

二腹分だそうです。

ここの農家さんは
「うちで生まれたのは最後まで面倒見るよ 」 としっかりしてる。

これは、将来的に避妊去勢しないとかなり増えるだろうなあ。

小動物を飼う時に避妊・去勢が重要な選択肢だってこと、
うまく広めてくのも、うちら大動物臨床獣医師の大事な役目だと思う。
| samogo | おしごと | 07:12 | comments(0) | - |
子宮脱
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


今、子宮脱についての原稿書いてます。
今季号の診療所だよりに載せる用に。

このブログ読んでくれてる両親姉弟のために、
子宮脱を簡単に書くとこんなかんじ。




あんまり数多く発生するもんじゃないから、
農家さんも治す手順があやふやだったりする。

診療所だよりで周知の徹底をはかってもらいます。





ついでに過去1年間の子宮脱の記録を調べてみました。

うちの診療所(1万5千くらいの牛さんがいるフィールド)では、32件。

そのうち死亡したのが17件、生存して搾乳牛として復帰できたのが15件。
復帰のうち6件が、新たに受胎できた。(←授精師さん調べ)

夏に発生したのと、昼間(発見が早い)に発生したのは高い確率で助かってます。

厳冬期マイナス15度で子宮が外に出っ放しだったら・・・、かわいそうすぎる。



1件、発見時子宮が壊死して戻すのは危険と判断、
子宮切除に踏み切った例がありました。

(無理に壊死した臓器を体に入れると、ショック死してしまう事がある。)

その子はもう妊娠できないけれど、搾乳はできて、今も飼われてます。


子宮切除って唐突に言われても農家さん判断つかないと思うけれど、
前例があることを示しとけばちがうと思う。


あたしがこの前、朝4時半に整復した子は、
結局起立不能が続き助けられませんでした。
| samogo | おしごと | 16:18 | comments(2) | - |
もう修理しきれないの。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


大学4年の時かな。クラスみんなでまとめて買ったの。
2万円の出費は痛かったけれど、実習での欠かせないアイテムでした。

聴診器。

ずっと使ってたやつが完璧に壊れました。

就職してからは消耗が激しくなり、部品取替えながら掃除しながら使ってたけれど、もうだめです。



チェストピースがぼろぼろになっちゃった。

今までありがとね。リットマン社のナースモデルです。
色んな牛さんの命を救った聴診器です 


職場で聴診器カタログを見ていたら、ひょうきんN先輩が
「さも、今度これ買いなよ 」 と指差したのは8万円のやつ。

録音機能付きの。いや、その道に行ってから買います・・・



昔実習でお世話になったことがある先生は、
診療を終える
 ↓
車の上に聴診器を置いて書類を書く
 ↓
そのまま車に乗って出発 

それで3万円の聴診器をなくしたと言ってました 

| samogo | おしごと | 20:24 | comments(0) | - |

一番上へ