さもの地球関係学          SAMO's globalogy

多くの方に支えられて獣医師免許を取得できました。
今年の目標は、
 ゝ鐃潅呂領匹げ箸鬟ープする。
◆,靴覆笋な筋肉をつけて持久力UP。
 獣医師としてレベルアップ。
  頼られる獣医師になりたいな。
ぁー分を大切にしてくれる人に恩返しする。
ァ,い蹐鵑焚礎祐僉∧語に触れる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
じっくりことこと

夏の北海道は涼しくて快適、どんどん仕事もすすむ。

その代わり・・・、冬 今現在 

雪かき、水道の管理(凍結しちゃう)、風邪がはやる、極度の乾燥、
診療車に積んでる薬が凍る、診療中に地吹雪の山、
農道を歩いて助けを求めに行く、凍死する牛さん・・・ 

などなど仕事が増える時期です。

 ストーブも微弱で焚きっぱなしです。
止めると、水抜きしても水道管が割れる我が家。
(社宅・4LKですが3部屋使ってません)


このストーブさん、かなりの働き者です。

仕込みさえしっかりやっとけば、
仕事に行っている間にじっくり煮込んだシチューが完成 



この日は牡蠣が安かったので、キャベツとたまねぎと一緒に煮込む。
帰宅して、味付けをすればすぐ食べられます。

ホッケの骨せんべいも焼けるし、やかんを乗っければいつでも熱々のお茶が飲めるし 
准ハウスキーパーな存在です 

やっぱり北国はこのタイプのストーブが一番 


はっ、石油が枯渇したらどうしよう・・・ 

| samogo | living | 21:09 | comments(2) | - |
雪見大福が並んでる♪

会社一番乗り。
相棒の診療車・カローラさんたちが雪に埋もれています。



気温は日中でもマイナス10度。空気が澄んでる。




空気の乾燥がすごいです。
子牛の肺炎が、治療してもしてもしても止まらない 

| samogo | living | 20:49 | comments(2) | - |
今朝の難産
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

夕べは夜勤。
今朝は難産の電話で起きました。

行ってみると、子牛の頭が外陰部に引っかかってる。
母牛は投首投足、意識混濁の重症でした。

「足が来ないんだよね」と飼い主Yさん。
子牛の頭はむくみで腫脹し、眼は充血していました。

ちょっと離れているところから見たら胎仔は死んでいるみたいだったので、難産介助の道具と一緒に刃物を持って(切胎術して空間広げようと思った)パドックへ。

・・・・・触診したら胎仔生きてる。この状態で生きてんのか!!

幸い足も持ってこれそうなので、Yさんにチェーンワークをお願いしつつ整復、娩出させました。


母子ともに危険な状態です。

ちょっとカラスが多い地区で、子牛の首と、母牛の乳房に攻撃された跡がありました。
生れ落ちる前からカラスにつつかれ流血し、首から上はむくみ、お母さんは意識混濁で倒れてるって・・・。


加療して、昼にまた往診行って点滴したけれど、
2頭とも明日までもつかどうか。

| samogo | おしごと | 20:23 | comments(4) | - |
いただきもの
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals

大動物臨床してると、農家さんから色々頂くことがありますが・・・、
種子島の友達は、この前イセエビを頂いたらしい。

すっごい豪華!!うちらも海産物頂くけど、秋刀魚が多い。
土地柄だね。

さっそく調理。



とげがチクチクするんで、診療用ラテックスグローブ着用。

すごい豪華なお味噌汁が完成しました。

| samogo | living | 06:23 | comments(0) | - |
しゃきんとしてる魚

千座の岩屋のビーチでこんな子がいました。




地元の人になんて呼ばれてるんだろ。

くちばし鋭いな。

| samogo | おでかけ  | 10:19 | comments(2) | - |
影絵あそび

種子島観光その1


マングローブの横目に見つつ、千座の岩屋へ 
海辺にある、満潮になると入れない、干潮だと入れる洞窟だそう。


細かい砂の上をはだしで歩いて、洞窟の中に入ると中は広くて。
千人座れるから、、、ってのも名前の由来なんだって。



洞窟の中の、波打ち際では面白い写真が撮れる。





砂浜に映った影と線対称なの 





↓↓↓ この写真。

今月の北海道獣医師会雑誌  の、とあるコーナーで、私の番がまわってきたので、
今回の種子島実習とともに載せました。

先輩方から、いい写真だったよーー言われて嬉しい 


| samogo | おでかけ  | 21:01 | comments(0) | - |
ちょっと種子島まで行ってきました。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

大学の友達で、鹿児島県の種子島に住んでる子がいます。
彼女の仕事は、私と同じく大動物臨床獣医師。

台風シーズンが来る前に、と思って5月に遊びに行ってきました。


1日目は、友達はお仕事。
私は診療車の助手席に乗り込んで、一緒に農場をまわりました。
ちょちょいと採血とか点滴とかお手伝い。


北海道とはぜんぜん違う気候。ハイビスカスきれいだな。
高温多湿、台風銀座に合わせた牛舎作りでした。
特産のサトウキビの絞りかすのバガス(bagasse)を牛舎に敷いていたのが印象的で。


病気も寄生虫・細菌がもりもり元気なのか、この子バベシアかな??てのが多かった。

「この前セタリアが〜」とか
「サシバエがめんどくさい」とか
(この時期、北海道はまだハエは見かけない)

南国の獣医師の会話だなあ。


診療の最後は、港にある消毒機に診療車を通します。



もちろん私も、診療着と長靴はすべて友達に借り、履いていったスニーカーは捨ててきました。
| samogo | おでかけ  | 11:18 | comments(0) | - |

一番上へ