さもの地球関係学          SAMO's globalogy

多くの方に支えられて獣医師免許を取得できました。
今年の目標は、
 ゝ鐃潅呂領匹げ箸鬟ープする。
◆,靴覆笋な筋肉をつけて持久力UP。
 獣医師としてレベルアップ。
  頼られる獣医師になりたいな。
ぁー分を大切にしてくれる人に恩返しする。
ァ,い蹐鵑焚礎祐僉∧語に触れる
<< 気づかなかったらえらいことになってた。 | main | 眼にはカレースプーン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
カラスが子育てのシーズンです。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

ようやく暖かくなってきました。

まだ葉っぱつけていない木もあるけれどね。


下の写真は近所の農家さんの子。
この大きさで捨てられていたのを引き取ったそうです。

本当はちゃんとした名前がありますが、私はパトラッシュと呼んでます。




最近、カラスの動きが活発になってきました。


この前。

数日前に、第四胃変異(ここらへんでは結構よくある)の手術をして、牧場に帰っていった牛さんを診に行った先輩が、がっかりして帰ってきました。

「カラスに術創、こじ開けられてた」

もう修復不可能だったそう・・・。



こういうこと、年に数回あります。

農家さんもね、カラスが嫌がる模型ぶら下げたり、ネット張ったり、手術後すぐの牛は放牧しなかったり(どうしても術創は肉々しいからカラスに狙われやすい。)と工夫しているんだけどね。

うちら獣医師側も、牛さんの体にバスタオルとか巻いてカモフラージュしたりしたんだけど、完敗でした・・・。


たまにテレビで「都会とカラスの知恵比べ」ってやってるけれど、
あれってどこの土地でも起こってるよね。自治体vsカラス。


今朝、診療所でその話になって、最終的には
「術創面にCDのキラキラ面こっち向きにをボタン縫合する!!5日後に抜糸!!」
ってしょーもない作戦が出たけれど、そんなんじゃな。

術創へのアタックの他に、
乳静脈から血液なめとり、最終的に血が足りなくなって牛が死んでしまったり、
餌をよごしたり、横取りしたり、ほかにもいろいろ。


特に、ねぐらになる森が近くにある農家さんで被害が大きいです。



やっぱ鷹匠になろうかな。
| samogo | おしごと | 06:53 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:53 | - | - |
う−−ん。

こういう話はつらいね。

牛のそばにいて、しっ、しっ、て カラスを追い返してあげたくなります。
| kyoppi | 2012/06/11 4:37 PM |

ね、本当がっくしくるよ。
元気な牛だと自分でほいほいカラス追い払うんだけどさ。

1羽のカラスが穴を開けると、他のがどんどんやってくるから、気がついたときは手遅れって事が多いよ。
| samo | 2012/06/13 7:40 PM |











一番上へ