さもの地球関係学          SAMO's globalogy

多くの人に支えられて、獣医師免許を取得できました。今年の目標は、
 _蛤遒蠅鬟譽戰襯▲奪廚気擦道┿錙屬劼箸衒襪蕕靴鬚箸海箸鶻擇靴燹廚忘椶襦
◆…覯切開オペの主手を勤められるようになる。
 滑舌よくする。
ぁ.瓠璽襪諒嵜早くする。
<< かじきの玉葱ドレッシング | main | インド夫婦茶碗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
後輩から教えられた事
もう結構前の話ですが、うちの獣医学科でトラブルがありました。
学生みんなが関わる行事のお金の事ですが、その行事に乗り気じゃない人もいて、会費集めのシステムをどうしようか、という事でちょっと揉めてしまいました。

実はうちらの学年が行事のホスト役だった時も問題点として挙がったんですが、結局解決せず、次の学年に丸投げにしちゃったんです。

だからうちらの学年の子が、1こ下の後輩が考えてくれた案に反対するのは違うんじゃないかと思ったんですが、情けないことにあたしはその反対してるクラスメートを(裏で)うまく説得できず、結果交渉役の後輩にとても苦労させてしましました。
その後、その担当の後輩の子と話してた時

さも「代わりの案も出さずにただただ反対するのは、どうかと思うけど。まあたしかにこの行事の事考えるのは、授業じゃないんだし、行事やるくらいなら勉強したいって考えるのもわかるし、義務じゃないからあまり強く言えなくて・・・、」

後輩「でも、クラスの問題をクラスメート全体が考えるのは当たり前です。獣医学科の学生は獣医学科の事を考えないといけない。岩手県民は岩手の事を考えないといけない。日本人は日本の事考えます。地球に住む者は地球の事を考えないといけません。じゃないと世の中めちゃくちゃになります。結局自分に跳ね返ってくるんです」

と当たり前だけどすごい力強い事言われました。

この子、この問題で苦労して、投げ出したい時もあるはすです。
強く反対する何人も説得して回らなきゃいけないから。

解決しても、次の学年に感謝されるくらいで自分が得する訳じゃありません。次の学年も苦労を経験する訳じゃないから、ちょっと感謝するだけで終わるのは分かっています。

この子がこんなに頑張るのは、信念があるからなんだと思うと感動しました。
めちゃくちゃかっこいい事言うじゃんって思いました。
普通にさらっと言ってのけるなんて、こいつ将来大物になるんじゃないかな。

あたしも負けそうになった時、この事思い出して頑張ろうと思います。
| samogo | よい言葉 | 12:50 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:50 | - | - |










一番上へ