さもの地球関係学          SAMO's globalogy

多くの人に支えられて、獣医師免許を取得できました。今年の目標は、
 _蛤遒蠅鬟譽戰襯▲奪廚気擦道┿錙屬劼箸衒襪蕕靴鬚箸海箸鶻擇靴燹廚忘椶襦
◆…覯切開オペの主手を勤められるようになる。
 滑舌よくする。
ぁ.瓠璽襪諒嵜早くする。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
もう少ししたら仔ギツネのシーズン♪
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


なんだか最近、とある農家さんちでの丹頂遭遇率がかなり高いです。

2カップルが来てるみたいで、いつも4羽います。
写真撮り放題です。

↓白黒牛 &白黒鳥



↓犬に驚いて逃げる。
丹頂ってこんなに脚曲げられるんですね

| samogo | 野生動物 | 10:31 | comments(0) | - |
whale watching に行ってきました。

羅臼に住んでる友達(仙台予備校の時の仲良し)のとこに遊びに行きました。

ここは鯨が多く出没するので、ホエールウォッチングが盛んです。
友達の知り合いの船に乗せてもらうことになりました。


まず、羅臼ビジターセンターに行って、生態系についてお勉強。



大きいシャチの骨格標本がありました。迫力。



時間になり港へ行って、出発です。
大人も子供も海を眺める。




漁師さんたちは無線で連絡取り合い、ターゲットを探します。
そこはケニアのゲームドライブと同じだ。

国後島がはっきり見えました。


うちのフィールドの農家さんの、1世代前の方は国後島出身の方も多いです。


なんかいた!!



イシイルカです。いくつかの群が現れました。





今回写真は撮れなかったけれど、ミンククジラも姿を現しました。すごい大きいの。
来年、暖かくなったらまた行きたい 


| samogo | 野生動物 | 11:08 | comments(0) | - |
こんなに間近で見たの初めて。
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

農家さんの庭先にいる、いつもおとなしいレトリバーがわんさか吠えてたから見てみたら、



キタキツネいました。

何を狙ってるんだろ・・・。
この仕事してると、シートン動物記で読んだような事がおこります。
| samogo | 野生動物 | 07:27 | comments(2) | - |
霜がおりてきました

少ない花を見つけた蝶。

農家さんの庭先です。


| samogo | 野生動物 | 07:18 | comments(0) | - |
うちの裏庭
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


昨日は久しぶりに6時前に帰れました。

家(クリニックから歩いて30秒)に帰って行くと、
あっ、裏の山にエゾシカ来てんじゃん 



最近クリニックの敷地内で工事が始まったからこっちにはなかなか来てくれないけれど、
それまでは、うちと隣の家を通って夜な夜などっか行くのが毎日のコースでした。

隣の家に住む先輩の奥さんは、
夜、外にスリッパ出してたら噛まれてぐちゃぐちゃにされたって 
| samogo | 野生動物 | 06:16 | comments(1) | - |
農家さんの猫の話
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals
 

この寒い冬の時期、
診療車は暖かいので、診療中、農家さんの猫が乗ってくることもあります。

「では失礼します」と車に戻って発進すると、後ろでごそごそなんてよくある。

あたしの診療車も



エンジンフードに猫の足跡。

農家さんの猫は、対ねずみのパトロール隊です。
眼光鋭いけど、人馴れもしてる子が多い。



う〜ん、でも繁殖エンドレスの問題も抱えてるんだよね。
去年の初夏、死んでる子猫を何匹見たことか。
| samogo | 野生動物 | 06:45 | comments(0) | - |
農家さんの犬の話 2
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals



農家さんち=すっごい広い敷地。

なので、ノーリードの子はのびっのびしてます。
ノーリード権を持てる子は、もちろん人懐っこくて社交的 

獣医師の白衣を見ると、「来たよ!!」って家まで呼びにいってくれる子もいるの。
(あたしは白衣着ないのが好きだから、知らん振りされてる)


あと何が危険かも熟知しています。
診療車とはいつも一定の距離をとってくれるし、どこかにふらっと行くことも無い。
クマ  出るの分かってる。

それができないがうがう犬はつながれてます。



この子、あたしがすごい好きな子 
右目が無く、左目が白内障でほとんど見えてません。

でも、いつもすっごい満足そうな顔してごろごろおなか見せてくれるの。

診療中、あたしの行くとこ(牛さんと診療車の往復)に付いてきてくれるんだけど、点滴薬液を温めるためにお湯を蛇口から出すとぱぱっと離れてくれる。

一通りなでて、じゃあねって車のエンジン  かけるとぱぱっと離れてくれる。
賢いわ 


あ、たまにノーリードの好奇心たっぷり子犬に、牛さんの点滴留置針を抜かれてまた農家さん行かなきゃいけなくなることあります… 

| samogo | 野生動物 | 21:13 | comments(0) | - |
農家さんの犬の話

酪農地帯はどこもそうなのかなあ 
(同期から似たような話聞くの。)

ここら辺の猫、犬はエンドレスに次々と繁殖しています。
農家さん仲間では、あまり貰い手がなく(みんなすでに飼ってる)、なんとかしないとなあ。


特に犬の繁殖エンドレスは困る。


近所には、いくつか野犬グループがあります。
人間を直接襲うことは聞いたこと無いんだけれどね。

今まで野犬が身近にいた事がなかったのもあってびっくりした。


たまに、牛さんの診療依頼で、野犬にかじられたっぽいってのがあるんです。
お産後、低カルシウム血症で起立不能になったいるところを、陰部かじられてしまうらしい。


野犬グループには雄も雌もいるみたいで、たまに子野犬を農家さんが捕まえます。
子犬はすぐに罠にかかるそうです。

農家さんにちに診療で行くと、捕まった子犬が檻に入っていて、「もうすぐ行政が取りにくるのよ」との事。


それから、この野犬の雄は、外で飼われている雌と交尾して、間に子犬が生まれることもしばしば。子犬の飼い主探しが大変です。



今日も「さもさんいらない??」って。





かわいいんだけどね、犬を飼うにはお金と時間と知識と周囲の協力が必要なの。
だからあたしは飼えないんだ。

あたしに子供がいて、その子が「責任持つから飼いたい」って言って、
自分も影ながらこっそり管理する…、て状況になって初めて飼うと思うな 


牛舎生まれの子犬たちは牛みたいなでっかい動物にも物怖じしないし、兄弟たくさんいるからコミュニケーション力高いし、北海道の寒い冬でも元気に走り回ってるから、下手なブローカーが作った犬よりもレベル高いと思う。お父さん野犬だし。

これである年齢になってしつけとかしたら、どこの家庭にも自信を持ってお勧めできる 


都会では当たり前って言われている
「繁殖を望まなかったら屋外に出さないか、避妊・去勢して管理しましょう」って事が
まだ根付いていない地域だとと思う。自分できるものなら片っ端からオペしたい。

「タイムスリップできたらどこ行きたい??」って聞かれたら、今だったら「日本にペットショップができる少し前に行って、アニマルシェルター文化を根付かせたい」って答える。

町役場に相談してみようかな。
避妊・去勢キャンペーンやりませんか、とか。

仕事やめたら、できる範囲でアニマルシェルターしたいなあ。
パピークラスの手伝いもいいなあ。

あ、上の写真の子の他に、飼い主さん募集の子、いっぱいいます。

| samogo | 野生動物 | 13:55 | comments(2) | - |
たぬき
JUGEMテーマ:Vet. of Food animals


この前の当番の時。

夜10時半、電話が鳴りました。
「難産でお願いします。もう子供は死んでるみたいなんですが…。」

就職して9か月、初めての深夜出動きました。
(女性の獣医師は若い時と、子供が大きくなった後でしかできません。貴重な体験です)



その農家さんまでは車で25分くらい。
雨で視界も悪い中、運転していました 

すると、道路の真ん中に何かが…。
たぬき 2頭 轍にたまった水飲んでる

わ〜珍しい〜
ってか危ない危ないよもう。

とぐるんと避けていきました。



〜 難産終了  〜


胎仔の肢の向き、ちゃんと直して娩出させれた(死産だったけど)。
 母牛にはそんなに負担かけずに済んだわ。よかった。

と結構いい気分で帰り道を運転していたら。

さっき、たぬき水飲んでたとこに何かが…。
1頭ひかれて死んでいました 

いい気分で帰ってたのに、なんか後味悪い、初深夜出動でした。 
| samogo | 野生動物 | 10:31 | comments(0) | - |
車から撮ったよ

隣町まで用事で行きました。

その途中の、ここはタンチョウがよくいるところです。
今日は10羽以上見える 





まだ雪は積もってないけど、冬の風景になってきた。
こんだけ葉っぱが落ちた最近は、診療車の無線の電波が届きやすいの 




帰りはもう暗い〜。夕焼けも沈みかけてる。
これでまだ午後3時半です。
道東は日が落ちるのが本当早いわ 


| samogo | 野生動物 | 21:41 | comments(0) | - |

一番上へ